大佐殿のモッド関連ブログ

某組織の東北支部の幹部が送る、主にModNationでの堪能を描いたようなブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島根旅行 2日目後編

出雲大社、ワイナリーを後にし
奥出雲たたらと刀剣館へ
左側にあるのは斬新なヤマタノオロチのモニュメント
「たたら」とは、粘土で築いた炉に砂鉄と木炭を装入して
吹子で風を送り木炭を燃焼させて砂鉄を溶解し
極めて純度の高い鉄類を生産する日本古来の製鉄技術

現在世界で唯一、量産の直接製鋼法により
日本刀の原料となる和鋼「玉鋼」を生産している町
それがここ、奥出雲なのです


川の中の砂鉄を採る為に使われた船
奥出雲は良質な砂鉄と豊かな森林資源に恵まれ、古くからたたらの盛んな地域だった

船の上で偶然見つけたハラビロカマキリ
二度ある事は三度も・・・・・・

たたらと刀剣館内部へ突入
たたらの炉とその地下構造

三種の神器の一つ、草薙の剣のレプリカ

日本刀鍛錬場では、日本刀の作刀工程について紹介しており
毎月第2日曜と第4土曜には、地元「小林日本刀鍛錬場」一門による
鍛錬実演を見学できる
鍛錬実演が見れないのはちょっと残念・・・・・

本物の日本刀を持たせて頂いたのですが
しっかり握らないといけない程重かった(-.-;)


BASARAの伊達政宗がやる、片手に刀を3本ずつ持つ
「六爪流」は無理だと改めて知った・・・・(´д`)



BASARA3に初登場した尼子晴久ゆかりの地も
見たいという事で、安来市立歴史資料館へ
尼子・毛利・堀尾3氏の遺物なども展示されている

画像をクリックすれば大きく見られます


歴史資料館から歩いてすぐ近くに
塩冶(尼子)興久の墓
興久は晴久の叔父にあたる



その後親戚の家に寄り、実家に戻って
この日の名所巡りは終了


安来市があんなに遠いとは思いもしませんでした(;´д`)

運転はしてないけど



つづく

スポンサーサイト












管理者宛の投稿

プロフィール

真紅及びアンチ大佐

Author:真紅及びアンチ大佐
「ModNation 無限のカート王国」では
ローゼンメイデンの真紅を中心に使用

クリエイトは戦国BASARA
妙なコースがメイン


気ままに更新予定・・・・・

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2掲示板

QRコード

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。